車のボディーや、バイクのシャシーに使われている表面処理(塗装)です。粉末塗料を吹き付けた後に高温で焼き付けることにより表面をサビから守るだけでなく、均一に美しい塗装ができます。塗装面と鉄線との定着力が強く、曲げや衝撃に強くなっていますので耐久性にも優れています。
JCワールドの粉体塗装フェンスは、鉄線を亜鉛メッキした上に二重で粉体塗装しておりますので、更に安心いただけるフェンスとなっております。

樹脂コーティングは鉄線を厚い樹脂皮膜で覆っているため、鉄線+樹脂の力で強度が強くなります。また、細部まで樹脂が行き渡ることにより、防錆効果も優れています。ただ、夏場の高温により柔らかくなって伸び、冬場の低温により固くなり縮む性質があります。そのため、どうしても樹脂の表面にクラック(ヒビ)が入ることにより、対応年数を過ぎると樹脂が剥がれる可能性があります。

JCワールドのフェンス支柱は地面に直接打ち込む方法で設置が可能です。ただ、地盤の弱いところ、また、地盤が固くて打ち込めないところに関しては現場判断によりコンクリート基礎(基礎ブロック)をご使用ください。

ハンマーなどで打ち込んでいただくか、支柱打ち込み機などで施工してください。

白色の他に、景観条例に配慮した茶色をご用意しております。マンセル値など詳細な条件がありましたら、特注で生産させていただくことも可能です。

日本メーカーのフェンスに比べるとサビに対するリスクは少し高いのが現実ですが、メッキ処理した上からコーティングを2重にしている粉体塗装は、日本メーカーのフェンスと同等の耐性を持っています。
樹脂コートはメッキされていませんが、樹脂が厚くなっていますので、どちらも安心してご利用いただけます。

安く設置をしたいと考えておられる現場に最適な価格となっております。また、施工が早くできるようにパネル方式を採用しておりますので、設置も楽におこなっていただけます。
表面処理は亜鉛メッキのドブ漬けとなっていますので、サビに強く長期の使用にも耐えることができます。
ただ、見た目はメッキになりますので、化粧フェンスと比べると見た目は劣ります。人目につかないところや、太陽光発電の現場で採用いただくことが多いです。

なります!バルク販売という方法です。
倉庫でバラしたり梱包したりする出荷作業の手間を減らすことでコストを抑えますので、弊社から指定させていただいた数量の倍数でお買い求めいただくことになります。ある程度の量が見込めるのであれば、指定数でのご購入のほうが圧倒的に安いです。

0748-60-2559

お電話でのお問合せ
平日 9:00~18:00

ホームページからのお問合せ

24時間 いつでもお問合せいただけます。

見積り依頼

ホームページから見積りをご依頼いただけます。

メニューを閉じる